失敗続きのシミ取りもこれで大丈夫!すぐに効果が現れる方法

期間がある程度かかる

ビキニの人

美容整形クリニックでのシミ取りは皮膚を切らずに行えることが多く人気です。ただし、ある程度の期間がかかります。レーザー照射が主な施術法となっており、これは肌への負担を考えて少しずつ行うので、一つのシミが消えるまで半年程度かかることもあります。

治療法の種類をチェック

カウンセリング

治療の選択肢が豊富

美白化粧品でケアしても、なかなか薄くならないシミは美容系クリニックで受けられる、シミ取り治療で解消してみてはいかがでしょう。美容皮膚科や美容皮膚科といった、美容系クリニックでは色々な治療法を用いてシミ取りの施術を行っています。シミ取り治療の選択肢が豊富なので、シミの状態や予算に合わせて治療を選べるという点は、大きなメリットと言えます。クリニックによって治療法は様々ですが、シミ取りの場合は大きく分けて内服薬や外用薬の処方、レーザーでの治療に分けられるのが特徴です。内用薬ではビタミンCなどのビタミン類、漢方薬などを処方するケースが、外用薬はトレチノインにハイドロキノンといった塗り薬が処方されます。特にトレチノイン・ハイドロキノンという外用薬の美白効果はとても優れており、多くのクリニックでシミ取り治療に採用されている塗り薬です。トレチノインは肌のターンオーバーを促進させ、シミが沈着している肌細胞をスムーズに垢として、排出する作用を持つ塗り薬です。ハイドロキノンは別名「お肌の漂白剤」と言われるほど美白効果に優れており、シミの引き金となるメラニン色素自体を薄くする効果を発揮します。トレチノイン・ハイドロキノンともにスキンケア感覚でクリームを、シミがある場所に塗り込むだけの簡単なケアでシミ取りできる点が魅力です。より即効性の高いシミ取り治療をという場合、レーザーでメラニン色素自体を破壊してしまう治療法がおすすめです。レーザーは黒い色に反応する特殊なもので、肌に照射するとメラニン色素にレーザーの熱が加わり色素ごと壊してしまいます。壊れたメラニン色素は肌のターンオーバーの作用によって徐々に肌表面へと浮き上がってきて、最終的には垢として剥がれ落ちる仕組みです。レーザーは高出力ですのでメラニン色素を破壊する作用が強く、皮膚表面に沈着しているメラニン色素や、シミが薄い場合は1回のみの治療でも薄く出来ます。このように、シミ取り治療には色々な種類があるので、まずはカウンセリングを行って自分に合った治療法を選択するようにしましょう。

美容整形でのシミ治療

カウンセリング

美容整形クリニックでは、様々な種類のシミ取り治療を行っています。シミの症状、また、利用する美容整形クリニックによって、治療法や治療費も異なります。クリニックを利用する前に、その内容を確認しておくといいでしょう。

シミ取りにかかる費用

頬を触る人

シミ取りにかかる費用は施術の種類と回数によって変わりますが、即効性が期待出来るのはやはり医療レーザーやフォトフェイシャルです。リーズナブルに高い効果を得るためには、シミの大きさや深さ、数などによって最適な治療法を見極めることが大切です。

まずはカウンセリング

医者

クリニックでのシミ取りの治療の手順は、まずはカウンセリングを受けることです。ここで肌の状態を医師に診てもらって治療方法を決めます。レーザー治療の場合はシミにレーザーを照射した後、ケガテープの貼り付けや塗り薬などのアフターケアをして完了です。

シミ除去で使うレーザー

レディ

シミ取り治療としては、美容クリニックでのレーザー治療が一般的です。このレーザーにはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。シミの状態、クリニックによって、実際に使用するレーザーのタイプが異なります。